FC2ブログ

植物を殺すことだって残酷だ

このようなご主張を展開なさる肉食者の方々がいらっしゃいます。そこまで植物達のことをお考え下さっているのであれば、今すぐにでも肉食を止める必要があります。そして、残りの人生においても二度とお肉を召し上がってはなりません。

何故なら、畜産には膨大な量の植物(穀物)が飼料として使用されているからです。肉食者の方々がお肉を召し上がる時、同時に大量の植物も摂取なさっていることになります。

勿論、お肉だけを毎日々々召し上がるということはないでしょう。他にも、お米やパン、豆類、生鮮野菜などを召し上がっていらっしゃるはずです。

そうなると、肉食者の皆様の総植物摂取量は、ヴィーガンの人々のそれなどとは比べ物にならない、桁違いの量になるでしょう。

肉食者の皆様、これは、極めて非倫理的で残酷なことではないですか。皆様は、お肉を召し上がることで植物の大量殺戮を肯定なさっていらっしゃるのですから。

それ故、「植物を殺すことだって残酷だ」と仰る肉食者の方々は、是非ともお肉を止めなければならないのです。それで多くの植物達が殺されずに済むのです。


もうお分かりでしょう。この記事のタイトルのような主張は、肉食者の皆様の意図する方向とは真逆の結論に達してしまうのです。その結論とは「ヴィーガン生活をすべきだ」というものに他なりません。

お肉が大好きで止めることができない皆様が、ヴィーガン生活を強く推奨なさるとは、実に奇妙な話ではありませんか。


気付いた人から行動しましょう。
関連記事
プロフィール

トリ足

Author:トリ足
とある県境の山の中に住む、製菓製パンを趣味とするヴィーガンです。
鴨、アヒルや鶏が好きです(食材としてではありません。念の為)。

一人でも多くの方に、畜産の残酷さを知って頂くことで、食生活やファッションを見直す切っ掛けになればと願っています。

どうぞ、よろしくお願い致します。

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる