FC2ブログ

家族と食の指向性(好み)

皆様のご家庭では、食の指向性は一致していますか。これが一致していないと、なかなか大変です。

私は動物性食品は一切口にしませんが、家人は普通に食べる人です。しかも、私の大好きな可愛い鶏を食べるのです(怒)。乳製品や鶏卵も好物です。

ですので、家人の為にお肉を調理したり、乳製品を使ったお菓子を焼いたり(無類の甘いもの好きです)、お魚を捌(さば)いて、お刺身を作ったりしなければなりません。

以前は、畜産がいかに残酷なものであるかを話し、食生活を考え直してもらおうとしましたが、もう諦めました。ちょっとでも、そういった話になると非常に険悪な空気が場を包むのです。

この世には、霊性は成熟していても、真実をご存知ないが故(ゆえ)に、気付いていない、あるいは行動していないという方々がいらっしゃいます。そのような場合は、知って頂くことさえ出来れば、より良い社会の実現の為に力強く活動して下さる可能性があります。

しかし、知ってもなお、まったく心に響かないという人々の場合、そこまで霊性が育っていないのですから、そのようなことは期待出来ないでしょう。ちょうど、幼児に人生の厳しさなどを語って聞かせたところで理解出来ないのと同じです。それは、酸(す)いも甘いも味わって、ある程度熟さないと分からないものだからです。

ですから、私は家人が熟するのを見守ることにしたのです。「果実が熟れるのを忍耐強く待つ」という心境でしょうか。

ただし、私が生きている間にそうなる保証はありません。現に、これを書いているすぐ傍(そば)で生クリームたっぷりのケーキを嬉しそうに頬張っているのですから……。
関連記事
プロフィール

トリ足

Author:トリ足
とある県境の山の中に住む、製菓製パンを趣味とするヴィーガンです。
鴨、アヒルや鶏が好きです(食材としてではありません。念の為)。

一人でも多くの方に、畜産の残酷さを知って頂くことで、食生活やファッションを見直す切っ掛けになればと願っています。

どうぞ、よろしくお願い致します。

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる